Vol.23 ワイマラナーが初めての海へ(オリンピック会場の一宮海岸)

犬との生活

水が異様なほどに好きらしい。

水辺に行くと必ずバシャバシャと入っていく。

それが小川だろうと、水たまりだろうと。

そんなジョイです。

ということで、海に連れて行きました!

普段からよく波乗りに行く場所、千葉一宮へ。

東京オリンピックのサーフィン会場として一躍有名になった一宮。

今回はゆっくり泊まりで行くことにした。

初めて歩く砂浜。

太陽に照らされた砂浜は暑いようで、トテトテ早足で歩く。

水辺に近づくとそれはそれは楽しそうに走り出した。

バシャバシャと海に入る。

やってくる波。

顔にバシャーンと当たる波にビックリしたようだ。

波の避け方を息子が教えると、すぐにマネしてジャンプで波を越え始めた。

犬は人真似ができるのだろうか?

 

ジョイくん
ジョイくん

ぼくたち犬という動物は、周りの状況、人の様子、他の犬の様子など、

周囲の環境をとてもよく観察する習性があるんだ。

なぜならぼくらが成長する過程で、親や兄弟を観察して、その行動を真似ることで学習していくんだ。

だから犬にとって人の行動を真似ることは、ごくごく自然なこととも言えるよ。

 

もはや犬はペットとして揺るぎない地位を獲得している。

人間と変わらない生活をしている犬。

それは本来、犬が持つ野生的な習性を忘れるということに繋がるだろう。

それがひとたび自然の中で遊び始めると、本来の習性が一気に舞い戻るようだ。

特にワイマラナーは、その習性(クセ)が強い (笑

暑い砂浜で肉球をヤケドしたけど、海の楽しさを学んだジョイでした。

夏の思い出に、海仲間とパシャリ!

タイトルとURLをコピーしました