vol.1 我が家に犬がやってきた、それは突然に。

犬との生活
ワイマラナー(雄) 生後48日目 体重4kg

我が家は、ぼくと妻、そして7歳になる息子(ゆうひ)の3人家族である。

ぼくの仕事はウェブデザイナー。

妻はヨガインストラクターで、まぁどこにでもある一般家庭。

そんな我が家族は、みんな犬が大好きで「いつか大型犬を飼う」という夢をもっていた。

たまにペットショップを覗いては、

カワイイ子犬を見るだけの日々が続いていた。

第一候補の犬種は、とあるペットショップで一目惚れした犬種「ワイマラナー」。

シルバーの毛並みと青い目が美しい大型犬である。

飼うのはまだまだ先と決めていたので、犬種名だけ記憶して。

2020年に入り、ブリーダーさんでも探してみようか…的な会話が妻との間で持ち上がった。

それはまだコロナの流行が大きくなるちょっと前の話。

僕らが住む栃木県は、例年は何度が雪が降る。

しかし、2020年は暖冬でほぼ雪は降らなかった。

1月も終わり、暖かな日が増え始めた頃、

伊豆の国市に良さそうなブリーダーさんを見つけた、と妻が言う。

「週末にでもブリーダーさんのところに見学に行こうかな」

「俺は仕事で行けないよ」

「大丈夫、ゆうひを連れて行ってくるから」

息子も、

「行きたい!行きたい!」と興奮気味。

「まだ飼うのは先だけど、とりあえずワンちゃんを見てみるのもいいかもね」

ということで、妻と息子はブリーダーさんの元に下見に行くことになった。

雪の山道

当日、仕事中のぼくに妻からLINEがあり、伊豆は珍しく大雪。

伊豆スカイラインは通行止めで、雪が積もる山道を恐るおそる走行し、ブリーダーさんの家になんとかたどり着いたとのこと。

それから数時間たって、また妻から電話があり、

開口一番、

「たいへんだよーー!」

「どーした?雪道でスリップしたのか!?」

「違うの。おチビちゃん、連れて帰ってる!」

「え?えー!?どういうこと?」

「ワンコ飼っちゃった!」

「マジ?いきなり飼ったの!?」

「うん!めちゃくちゃカワイイで!」(※妻は関西出身)

そのいきさつは、子犬を見た息子がどうしても連れて帰りたくなって、勢い半分で飼うことに決めたということ。

ブリーダーさんも遠路から来たということもあり、フードやおしっこシートなど数週間分いただき、とても良くしてくれたようだ。

ジョイくん
ジョイくん

ブリーダーさん探しは「みんなのブリーダー」から検索しました。クチコミやペット保険の特典などもあって安心。おかげさまでとても優しいブリーダーさんと出会えました。
みんなのブリーダー

 

一方で、ぼくは子犬との対面が嬉しい反面「すぐに準備しないと!」という焦りも。

早速、仕事帰りにホームセンターで必要そうなものを買って家に向かう。

「大きめのサークル、給水器、おしっこシート用トレーに…」

まだ見ぬワンコを想像し、「えーっと、あれもこれも」。

家に戻り、ようやくご対面!!

『わー!カワイイ!』

長旅で疲れたのか、眠りこけるおチビちゃん。

ひとたび目を覚ますと興味津々にジャレてくる。

ワイマラナーの子犬が来た日

美しい青い目に、ふわふわのシルバーの毛並み。

あの日、一目惚れしたワイマラナーの赤ん坊がここにいる。

今日から可愛い息子が一人、いや一匹増えました。

ワンコとの楽しい日々のはじまりはじまり〜。

僕らは欲しい物を得るために対価としてお金を支払う。
40歳も過ぎれば、今まで買った物で家じゅうが溢れかえっている。
今回買ったのは、物ではなく「命」。
もちろん犬を育てるにもお金がかかるし、食費だってバカにならない。
しかし、たった数十枚の紙切れでこんな愛くるしい命が飼えるなんて、幸せだと思った。
お金は自分のためではなく、人のために使うほうが満足できるのかもしれない。
タイトルとURLをコピーしました